有松

有松


 有松には、「布袋車(東町)」、「唐子車(中町)」、「神功皇后車(西町)」の3台の山車があります。
これらは、有松の氏神、有松天満社の秋季大祭(10月第1日曜日)に曳き出されます。昔の町並みを残す有松東海道を曳行される姿は、誠に勇壮で風情があります。道中の随所でからくり人形の演技が披露されます。
3台の山車は、昭和48年(1973年)名古屋市の有形民俗文化財の指定を受けていましたが、平成26年、祭り全体が名古屋市指定無形民俗文化財となりました。
有松山車会館では山車1台
を毎年交代に展示をし、土、日、祝日に公開をしております

 

【神功皇后車】
この山車は、明治6年(1873年)に有松村が名古屋の大工久七(きゅうしち)に発注して製作しました。神功皇后と武内宿禰と神官の3体のからくり人形が乗っている。人形の演技が始まると、神功皇后は立ち上がり、武内宿禰と一舞した後、鮎を釣ります。山車の曳き出しの時に神官は御幣を左右に振り、目と口を開けたり閉じたり、また、時折舌を出したりします。毎年10月第一日曜日の「有松天満社秋季大祭」に曳き出されます。

【Jingu-kogo-sha Float】 (dashi)
(Nagoya City Folk Cultural Property)
This Float was manufactured by Kyushichi, a carpenter in Nagoya by the order of Arimatsu village in 1873. Mounted on it are three mechanical dolls modeled after Empress Jingu(a legendary figure), Takenouchi-no-Sukune (a legendary hero who helped the Empress), and a Shinto priest.
During the doll performance, the Empress stands up, dances with Takenouchi-no-Sukune, and fishes for ayu(sweetfish). During the procession, the priest waves a sacred staff, repeatedly shuts and opens his eyes and mouth, and occasionally sticks out his tongue. The float is exhibited annually at the Arimatsu Tenman Shrine Autumn Festival on the first Sunday of October.

有松

有馬有松



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【唐子車】
三体のからくり人形が全て唐子(文字書き人形、喜び人形、麾振り人形)であるところから「唐子車」と呼ばれています。天保年間(1803〜44年頃)に知多内海で造られたもので、明治8年(1875年)に中町が購入しました。
唐木(黒檀や紫檀などの硬い木)づくりで、青貝を散りばめた輪掛けや珊瑚などの房などがつき、細工に工夫を凝らした造りになっています。毎年10月第一日曜日の「有松天満社秋季大祭」に曳き出されます。

【Karako-sha Float】 (dashi)
(Nagoya City Folk Cultural Property)
This float is known as Karako-sha after its three mechanical karako dolls. A karako is a child dressed in ancient Chinese clothes. One of the doll is mechanized to white calligraphy and the one can wave flags. This float was built sometime between 1830-44 in Chita Utsumi(an inland sea area located south of Aichi)and was sold to Naka-machi(this area)in 1875.
The float is made from imported tropical woods(such as ebony and rosewood), and features a wheel-rest studded with limpet shells, tassels made of coral, and other intricately designed parts. The float is exhibited at the annual Arimatsu Tenman Shrine Autumn Festival on the first Sunday of October.


有松

有松有松


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【布袋車】
奥に鎮座する大将人形が、七福神の布袋であるところから「布袋車」と呼ばれています。布袋車は玉屋町で使われていましたが、売却され有松東町が明治24年(1891年)に袋町(中区錦二丁目あたり)の道具屋から購入したものですが、いつ建造されたかは明らかではありません。この山車には、文字を書く人形を始め4体のからくり人形が乗っています。
大幕には鳳凰・亀・龍・麒麟が金糸で刺繍されています。
毎年10月第一日曜日の「有松天満社秋季大祭」に曵き出されます。

【Hotei-sha Float】 (dashi)
(Nagoya City Folk Cultural Property)
A doll of Hotei, one of the Seven Gods of Good Luck, sits on the back of this float, giving it the name Hotei-sha. In 1891, Higashi-machi(this area)bought this float from a carpenter in Fukuro-mach(current Naka-ku,Nishiki2-chome area),but its year of construction is unknown.
Besides the Hotei doll, four mechanical dolls, including one that can write, are mounted on the float. It features a large curtain on which a Chinese phoenix, turtle, dragon, and Kirin(a mythical creature)are embroidered with golden threads. The float is exhibited annually at the Arimatsu Tenman Shrine Autumn Festival on the first Sunday of October.


有松

有松有松


 

 

 





















 

有松

【天満社創建】

 天満社が有松に勧請された年代は詳(つまび)らかでないが、江戸時代後期の『尾張名所図会』によれば次のように記されている。

文章嶺(ふみのみね):祇園寺の後の山をいふ。天満宮を安置す。神廟もと祇園寺境内にありしが、寛政の初め、寺僧卍瑞(まんずい)の開基にして、数千人より捧げし詩歌文章等をこの山頂に埋め置き、文政七年(1824年)、その上に今の神廟を基立し、あらたに八ツ棟造りの高廟を構え、以前に百倍の荘厳とはなりぬ。こは当所有信のやから、莫大な資材を寄附せしとぞ。それよりして文章嶺と称す。山の中腹に滝あり。いろはの滝という。これ御手洗なり。また瑞垣の内に、冷泉為泰卿御自
筆の御詠をそのまま石に彫りて建つ。今左に記して以て世に公にす。
例祭 二月二十五日。また八月十六日。ねり物数多あり。
(現在の祭礼日 春季大祭:3月第3日曜日、秋季大祭:10月第1日曜日)

 

【祭神】
 有松天満社の祭神は、菅原道真公です。
 道真公は、文人として優れた才能の持ち主で、学者出身の政治家として卓越した手腕を発揮し、昌泰2年(889年)右大臣に任命され、左大臣の藤原時平と並んで国家の政務を統括されました。
 ところが、突如藤原氏の策謀により、昌泰4年(901年)大宰府へ権師として左遷され、そのわずか2年後、大宰府政庁で生涯を閉じられました。その時、亡骸を牛車に乗せて運ぼうとしたが牛が伏して動かず、これは道真公の御心であろうと、その地に埋葬されました。
 道真公の死後、都では天変地異が多発し、朝廷は道真公の祟(たた)りではないかと恐れ、道真公を無罪とし、大宰府には「天満大自在天神」、京都には「北野天満宮天神」の神号が与えられ、大宰府天満宮と北野天満宮が晴れて設立されました。


【有松天満社の施設】
 広大な鎮守の森のいただきに、祭神菅原道真公をお祀りした本殿、控えとなる神楽殿、そして社務所が本殿境内に建てられています。
 そして、大宰府天満宮の成り立ちのいわれから伏せた牛の石像が数体、道真公の歌『東風(こち)吹かば ・・・』が刻まれた筆塚、その前に使い古した筆を納める大きな納筆台があります。
 また、古札納所も設けられており、古いお神札やしめ飾りなどのをここに収めてください。
毎年1月14日の“左義長(どんど)”で焚き、天にお返ししています。
 境内には天満社以外に脇社で5社、下の広場右横に1社、計6社の末社が祀られています。
・神明社:天照大神、イザナギ尊が禊(みそぎ)の折、左目をそそいだ時に生まれ、日本の高祖神です。伊勢市の伊勢神宮内宮が総本社。
・稲荷社:宇迦之御魂神、農耕・商工業・商売繁盛の神様、京都・伏見稲荷大社が総本社。
・秋葉社:火之迦具土神、火・鍛冶・火伏の神様、静岡・浜松の秋葉山本宮秋葉神社が総本宮。
・琴平社:大物主神、五穀豊穣・開運厄除の神様、香川・琴平の金毘羅神社が総本宮。
・御鍬社:金山彦之神、鉱業・鍛冶などの技工を守護する神様。
・津島社:須佐之男命、イザナギ尊が禊の折、鼻をそそいだ時に生まれ、疫病厄除の神様、愛知・津島の津島神社が日本総社。

 

【有松天満社文嶺講】
 文嶺講は昭和20年前から存在していましたが、いつ成立したかはよく分かりません。昭和21年GHQの指令で、旧天満社氏子組織が文嶺講として公的に成立しました。昭和39年、有松が名古屋市に合併した時、宗教法人となるとともに、山車まつりや山車の管理も各町内から文嶺講に移管され、現在に引き継がれています。
 文嶺講は、有松天満社の講員(氏子)から成り、その範囲は「有松地区」「東丘地区」「太子地区」です。各地区の区割りに従って氏子総代が選ばれ、総代によって文嶺講の行事は運営されています。総代は、現在40名強います。
 総代の任期は3年で、総代長は2年の副総代長の経験を経た上、2年間努めます。
 祭礼は、総代長・副総代長・総代および厄年会で実行されていましたが、厄年会会員が減少し、それを補うため、厄年OBから成る福年会が平成27年に結成され、祭りの実行を手助けしてい
ます。


【祭礼】
・元旦祭、進学祈願祭  1月元旦
・春季大祭       3月第3日曜日
・秋季大祭       10月第1日曜日

 

【献灯神事】
・初天神前夜献灯    1月24日       天満社
・初午前夜祭(稲荷)  2月 5日       祇園寺
・祈年祭(高札には祈牛祭) 2月25日(25年間なし) 天満社
・金毘羅春祭前夜献灯  3月 9日       祇園寺
・天満社春季大祭前夜祭 3月第3日曜日の前日  天満社
・津島祭 迎え     7月15日       天満社
・津島祭 中祭り    8月23日       天満社
・津島祭 送り     9月30日       天満社
・天満社秋季大祭前夜祭 10月第1日曜日の前日 天満社
・金毘羅秋祭      11月 9日      祇園寺
・新嘗祭        11月25日      天満社
・秋葉社 秋季大祭   12月16日      祇園寺

有松

有松有松

有松有松

有松

本殿             神楽殿
有松
伏せ牛             古札納所
有松有松
筆塚・納筆台

脇社             津島社
有松有松 有松天満社 秋の大祭
有松
有松


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

有松
有松

〈鳥居のくぐり方〉
 鳥居の下の右または左側で一度立ち止まり、一揖(いちゆう、軽く一礼)します。なお、有松天満社には5基の鳥居があります。
〈参道の歩き方〉
 参道の中央を歩かない。(中央は「正中」といい、神様が通る道です。) 

〈お清めの手洗い〉
 @柄杓を右手で取ってたっぷりと水をくみ、左手を清めます。
 A柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。
 B柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受け、その水で口をすすぎます。
 C左の手のひらを清めます。
 D柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清め、柄杓を置場に伏せて返します。
〈石段の上り方〉
 @有松天満社では、石段は右側通行、すなわち登りは右側、くだりも右側を使います。
〈拝礼の仕方〉
 社殿正面で、
 @2回深く頭を下げます。(二拝)
 A胸の前で両手を合わせ、2回手を打つ。(二拍手、拍手時右手を少し下にずらす)
 B両手をおろして正面を見、1回深く頭を下げます。(一拝)
〈玉串の供え方〉
 @神職から玉串を会釈して受け取ます。
 A受け取り方は、右手で玉串の元を上から持ち、左手は穂先の方を下から支えます。
 B穂先をやや高くし胸の前に捧げ、玉ぐしを捧げる机の前まで進み、軽くお辞儀をすます。
 C玉ぐしを右へ90度回し、玉串の根元を手前にします。
 D左手を玉串の元の方に下げ、右手を玉串の中ほどを上から持ちます。
 E左手をはずし右に180度回し、玉串の元を神前に向け、左手を手前の穂先に添えます。
 F玉ぐしを献上机の上に捧げます。
 G2拝2拍手1拝します。
 H神職に会釈して退きます。
〈お鈴祓い〉
 “御鈴の儀”と言い、清らかな神鈴の音で神様から御加護を授かる儀式です。
 @頭を少し下げてお待ちください。
 A巫女が神鈴で邪気をお祓いいたしますので、神様の御加護を授かってください。
 Bご自由に御下がり(お菓子)をお持ちください。 
 お鈴祓いに対し「おこころつけ」を、お願いしております。
〈なぜ拍手の際、右手を下げるのか?〉
 これは「音を良くする為」など色々言われていますが、風水の原理である陰陽学に基づくと答えは明らかです。
 陰と陽の相対する二気が交わることで、この森羅万象の全ては消長を繰り返しています。
 陰陽学の定義は次の通り。
 ○陽気・・・・・夏、昼、左、神など
 ■陰気・・・・・冬、夜、右、仏など
 「左側が陽気であり、右側が陰気。」「左手が陽気(神)であり、右手が陰気(仏)。」
 よって右手が不浄とされ、柏手を打つ際、右手を少し引く理由はここにあります。
 また、神と人との場合は「神=左手、人=右手」となり、仏教では「左手は仏」「右手は人」となり、
 常に左(陽気)が優先されます。
 つまり神前にて柏手を打つこととは、
 1.尊い存在である神々様に敬意を表し
 2.失礼とならぬように人側(右手)を少し下げ
 3.二度拍手し、手を揃えることで一対の喜びを表す
 という作法によるものだと考えられます。
 このように私たちが何気なく行う所作には、いたる所に神様に対する敬礼の気持ちがあり、
 その恭(うやうや)しさに日本人としての誇りを感じます。
〈お神札の祀り方〉
 ご家庭の神棚には、地元の氏神様・お伊勢さま・崇敬する神社のお神札をお祀りしましょう。
 神棚は、居間などの家族が集まる場所で目線より高い位置に設け、お神札が南か東の方角を向くのが良いとされています。
 神棚が無い場合は、タンスや本棚の上にお祀りするなど、形や方角にこだわり過ぎずにできることから始めてみることが大切です。

 

有松
有松

〈天神さまと臥牛〉
 有松天満社の祭神は、菅原道真公です。
 道真公は丑(うし)年の生まれ(承知十二年(845年)六月二十五日「丑の年の丑の日の丑の刻」生であるという伝説的な話)や、 大宰府で生涯を閉じ、亡骸を牛車に乗せて運ぶ途中、牛が伏して動かなくなり、「これは道真公の御心であろう」と、その地に埋葬されたことなどから、牛は「天神様のお使いの牛(神使)」、「前進」「隆盛」「幸福」の象徴として夢を叶えてくれると云われ、道真公を祀る天満社には臥牛が置かれています。
〈臥牛を撫でると〉
 ご自身の身体と同じ臥牛の部位を祈願しながら手で撫でれば、身体は健全に病気は快癒すると云われ、また筆で頭部を「頭が良くなりますように」と撫でれば、知恵が付き賢くなる云われています。
〈天満社と梅〉
 梅が天満社に植えられているのは、梅花を愛された道真公が、太宰府左遷の時に詠んだ有名な歌、“東風(こち)吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ”に応えて、その梅が道真公を慕って、一晩のうちに京より太宰府に飛んでいったという「飛梅伝説」によるものです。
 また、天満社の神紋は、梅があしらわれた梅鉢紋となっています。
〈天満社と鷽(うそ)〉
 鷽は鳥の一種、日本の130円切手のデザインにも使われている美しい鳥で、菅原道真公の愛鳥だったと伝えられています。
 道真公が大切な神事を行っていた時に無数の蜂が襲来し、そこへ鷽が飛来して蜂をすべて食べ尽してくれたという伝説より、「災いや悪事を嘘(鷽)にする」と云われ、災いを排除してくれたいわれから道真公のご仁徳の賜物で、ついてしまった嘘(鷽)や災いが真(まこと)や幸運に換える縁起物として祀り伝わっています。
〈奉納提灯〉
 元旦祭・春季大祭・秋季大祭の祭礼時、階段および正門塀に取り付けられ、明かりを奉納しています。
 御献納者には、提灯にお名札を付けさせていただきます。(御献納料:金2千円)
〈奉納幟旗〉
 元旦から1年間、参道階段両脇に御献納者名を記した「奉納・有松天満社の絞りのぼり旗」を飾らせていただきます。
(御献納料:金7千円)
〈天満社の樹木〉
・一般樹木は、敗戦(1945年)直後に燃料として切り出され、文章嶺は一時禿げ山となりましたが、その後60年が経ち、樹木も育ち立派な鎮守の森となりました。昭和55年(1980年)境内一帯が名古屋市の特別緑地保存地区に指定され、樹林が保護されています。
・立太子記念樟樹は、昭和天皇が大正11年(1922年)に皇太子となられた時、それを祝賀し植樹された樹です。
 植えられてから90年が経ち、神木としてしめ縄が巻かれています。
〈石碑〉
・御玉垣は、神霊のしずまる森。

 

臥牛
有松有松天満社の梅
有松

鷽(うそ)有松
奉納幟旗
有松